ご予約・お問合せ
TEL:059−382−8148(ハイシヤ)

 

小児歯科

小児歯科についてのご案内

小児歯科について

長寿社会となった今、長い人生を健康で豊かに過ごす為には、歯が健全である事が重要な条件の一つになっています。

実は、健全な歯を育てる為の親御さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週めくらいから、乳歯はもうできはじめているからです。そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12〜15歳くらいまでは、特に大切な時期です。このとき、親御さんがどのように歯を守り育てるかが、お子さんの将来の生活に大きな影響を与えます。

子供の虫歯のほとんどは親の責任です。子供が自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、歯を大切に守り育てていく事は、親御さんの重要な仕事です。

当院では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、いかに虫歯を作らないようにするか、予防処置に重点をおいています。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、虫歯にならない、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたいと考えております。

小児診療

たなか歯科の小児治療について

たなか歯科では基本的に押さえつけたり、無理やり治療をすることはしません。子供の頃に歯医者に行き、痛い思いをした、嫌な思いをした、トラウマになっている方、いませんか?

小児の治療は、年齢や虫歯の程度、子供の性格などの違いにより変わってきます。歯医者が苦手な子供には、まず診療チェアーに座る練習から始めます。何度も歯医者に連れてくるのは大変な事だとは思いますが、子供のためを思って連れてきてください。何度か座る練習をすることにより、少しずつは歯医者に慣れ、自ら座れるようになったところで治療を始めます。

かつては悪くなって、痛くなってから治せばいい・・・という考え方が主流でした。たなか歯科の方針としては、歯科衛生士による歯磨き指導、生活指導。虫歯にならないための予防充填(シーラント)、フッ素塗布など、いかに虫歯を作らせないか、虫歯予防に重点をおいて治療します。

たなか歯科には完全個室のファミリー診療室があります。キッズコーナーと繋がっており、子供用DVDなどを見せながら診療をします。なかなか好評です。

小児診療

ページTOPへ